スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『PS4』の売りシェア機能の最大の欠点

gaxtukaridayo.jpg

これは当然でてくるわな。







アカウント「GUkent6」
プレイステーション4のフレンド大募集してます(PS4ユーザー限定です)



PS4の最大の売りの一つであるシェア機能

カメラやアプリも使えばさらに世界が広がる!発売直前のPS4、世界と遊びで繋がる「シェア機能」を一足先に映像でーインサイド



管理人もこれはすごい

まさに『世界が遊びで一つになる』を体験して楽しんでいたんですが、






Twitchが『MGS V: GROUND ZEROES』の早期配信を警戒、小島監督もフラゲに苦言ーインサイド

発売が来週に迫る『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』ですが、
大手ゲームストリーミングサイトのTwitchにて、
ユーザーの早期ゲームプレイ配信を禁止するメッセージを掲載されています。
このメッセージは、
「METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROESのブロードキャストは3月18日まで配信対象外で、
DMCA(デジタルミレニアム著作権法)停止につながるおそれがあります」との内容で、
同サイト上にポップアップで表示。3月18日は北米地域のリリース日に当たります。


一方、小島秀夫監督も自身のTwitterでユーザーの早期ゲームプレイ配信に対して苦言を呈しています。
PS4のシェア機能で生放送が簡単に行えるようになった
今、業界レベルでルールを定める必要があるかもしれません。





PS4の「シェア機能」、メーカー公認=“規制なし"ではないーインサイド


筆者がいくつかのゲームで「シェア機能」を使ってみたところ、
『龍が如く 維新!』と『真・三國無双7 with 猛将伝』には配信規制が掛けられていました。

このように、PS4「シェア機能」が標準搭載されているからといって、
当然のことながら著作権やビジネス的問題完全になくなるわけではありません。
特に、ストーリー性の強い日本のゲームは、
その多くが何処かしらの制限を掛けられることが予測されます。


土台は出来ても中々難しい「シェア」ですが、
こういった規制を掛ける掛けないの選択が出来ることや、
視聴者のコメントがゲームに反映される新たな遊び方など、
今までになかった事が形となっていますので、今後どのように「シェア機能」が利用されていくのか注目です。







こういう問題は、でるだろうなと使っていて感じました。
むしろ、それよりも大問題だと感じたのは、






SCEがこんな素人の管理人でも思いつくようなことに対策をしていなかったことにガッカリというか
呆れました・・・

呆れる


国内メーカーも何もいくらなんでものレベルの対策発売前に立てられていないようでは・・・

中学生が企画会議をしたとしても、シェア機能の欠点は、
と考えれば、第一項目にあがるレベルの話です。
(イタチごっこにしてもこのレベルの対策をたてられていないのはいくらなんでも・・・


対策はときかれれば、正式発売日午前0時からしか、シェア機能は使えないように制限するなり、
できたはずです。


これから、日本ではニコニコ生放送にも対応していき、
更に広がりを見せていくでしょうけど

PS4本体に内蔵された公式コンテンツですから、ネット配信とは違い
PS4所持していれば、いやでも目にはいります。


発売前の時点で、対策をたてられていないのにこれから大丈夫なのか
ハッキリいって不安です。


正直、シェア機能は、間違いなく『最大の売り』です。


世界的に爆発的なロケットスタートを決めたのは、この機能が大きい



ただ、一歩間違えば『最大の欠点』になりえる。





まあ、一番の問題は、メタルギアソリッド5を本当に楽しみにしているユーザーの楽しみを奪うこと

PlayStation 4

新品価格
¥39,654から
(2014/3/12 02:45時点)


メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版(初回生産限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能なマザーベース スタッフDLC同梱&Amazon.co.jp限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能な特殊ダンボール箱DLC付き)


メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版(初回生産限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能なマザーベース スタッフDLC同梱&Amazon.co.jp限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能な特殊ダンボール箱DLC付き)






関連記事:祝!!! 『PS4』 全世界 実売600万台突破!!!
関連記事:黙っていろ次世代まずは、『MGS V GS』‼︎

テーマ : PLAYSTATION®4
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト様

他ブログ様の最新更新記事

著作権について

※当サイトでは著作権を侵害する目的で画像を利用することはしておりません。

ご注意、免責事項

※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております。
・ご購入の際の注文、お支払いは、リンク先のお店と直接していただくことになります。 ・掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用ください。 ・ご利用に際し、万が一お客様が何らかの損害を被った場合でも、   当ブログでは、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。
今、イチオシ!!!
プロフィール
フリー
広告
Lc.ツリーカテゴリー
↓↓↓↓↓
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。