スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【負けんな国産】 メタルギアソリッドVファントムペイン 【技術でも】



『メタルギアソリッドVファントムペイン』

今や数えるほどしかなくなった
日本発の世界に通用するデジタルエンタテインメント



パソコン周辺機器のメーカー直販【ロジテックPRO】


前作のナンバリングタイトル
メタルギアソリッド4(2008年6月)から、約7年
その7年間という間で、圧倒的なスピードで技術の進歩をした海外産タイトル

昨年、発売のグランドセフトオートV(ロックスターゲームス)
同年、ラストオブアス(ノーティドッグ)

両開発元を筆頭にCOD、BF、アサシンクリードなど、海外産AAAタイトルは、凄まじい進歩で最先端テクノロジーを形として表しています。(なんでも来年の年末に出るタイトルには、また新しい技術を取り入れたタイトルが出るんだとか)





[E3 2013]「METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN」の小島秀夫監督にインタビュー。MGSVは「もう一度世界に勝つ」という思いを込めたタイトル
(4Gamers.net)

(一部抜粋)

小島氏:
 ゲームというのは,テクノロジーに依存したものなんですよね。
ゲームのカテゴリーにはテクノロジーの縦と,
ソーシャル的な横の広がりがあると思っているのですが,
テクノロジーの階段を上がっていくのをやめてしまったら,
この先はないと思っています。
 ただ,MGSVも最終的には“次世代ソーシャル”とも言うべき存在になっていくと思うので,
別にソーシャルを否定しているわけではありません。

 MGS4の完成披露イベントのときも,孤立しているということを話しました。
今回はそのときよりも厳しい状況ですが,みなさんの応援があれば……。
孤立しながら世界の中で戦っているので,応援してね! ソーシャルもいいよ!(笑)。


初めて、メタルギアソリッドVをみたのわ
2013のE3か


月日は流れ



2015年
メタルギアソリッドVファントムペインが発売されます。

メタルギアソリッドV公式サイト


2014年は、プロローグにあたるメタルギアソリッド5グラウンドゼロズ発売含め
丸一年間を世界中へのプロモーションに当てる。




2015年3月






メタルギアソリッド5グラウンドゼロズ発売



2014年6月アメリカE3

『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』E3 2014 トレーラーにキーファー・サザーランド氏からのコメントが到着【動画あり】
(ファミ通)

公開時に、「小島秀夫というひとりのクリエイターの情念が迸るすさまじいPVだった(ONLINEデジモノステーション/E3現地レポート“Standing on the Edge.~E3、PS4、真にクリエイティブであること~”より)」と称されたこのトレーラーには、すでに多くの著名人の方々からコメントが届いている。今回、海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』の主人公を演じ、日本でも知名度の高い俳優、キーファー・サザーランド氏からもコメントが到着した。


MGSV: THE PHANTOM PAIN - E3 2014 Trailer (jp)



2014年8月ドイツGDC


(公式:日本語音声版) MGSV:THE PHANTOM PAIN - gamescom 2014 GAME PLAY DEMO (JP)


2014年9月東京TGS

『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』新ミッションで実機デモプレイを公開!【TGS 2014】
(ファミ通)

さらに、舞台の広さについてもシリーズ作品との比較が行われた。
一本道である従来の作品のマップの広さを視覚的に表現すると、
縦に細長い形になるようだが、『グラウンド・ゼロズ』では横に大きく広がり、
円に近い形になる。
そしてその200倍の広さとなる『ファントムペイン』では、
同じ図では入りきらないほど巨大になってしまっていた。



Metal Gear Solid V The Phantom Pain TGS 2014 Trailer [HD]

Metal Gear Solid 5 The Phantom Pain Diamond Dog TGS 2014 Trailer2 [HD]

遂に相棒、クワイエットとDD公開




2014年12月アメリカTGA

『メタルギアオンライン』が『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』に収録決定 最新トレーラーも公開に
(ファミ通。com)

 『MGSV:TPP』に収録される『MGO』は、
2013年、アメリカ・ロサンゼルスに開設し、
制作スタジオ、ロサンゼルススタジオと東京に拠点を置く、
小島プロダクションが協力して制作を進めているとのこと。
シリーズ最大の広さ・規模を舞台とする『MGSV:TPP』のマップとシステムをベースに、
前作よりもさらに拡張・発展させた『MGO』として、
『MGSV:TPP』の発売と同時にサービスを開始する予定とのことだ。



(公式) METAL GEAR ONLINE - WORLD PREMIERE TRAILER | KONAMI (JP)
新世代の『MGO』公開






E3 2013時、『もう一度世界に勝つ』
と小島監督のインタビュー時点から、
更に世界のタイトルは、進歩していくなか、『メタルギアソリッドVファントムペイン』では、
国産タイトルの底力を
どこまで魅せてくれるんだろうか

ここまで、遂にきたんやと思わせる
最先端デジタルエンタテインメントの形として魅せてくれるよ

このフォトリアルな世界にダンボール




このセンスは、国産タイトルにしかない
小島秀夫やで
とりあえず、海外産タイトル一回黙らせて下さいwww

次のコジステいつやろ


メタルギアソリッドVファントムペイン公式サイト













関連記事
【PS4】 海外タイトルがすごいのは、わかったよ、でもさ、正直、観たいのは国産AAA
【PS20周年】 スネークで振り返る 【伝えなければいけない名作】
【PS20周年】 FFとMGSで振り返る 【企画】
【次世代】 新生メタルギアオンライン!!!動画 【MGO】
【PS20周年】日本でPS4が普及する為の3大ポイント【国内市場】


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト様

他ブログ様の最新更新記事

著作権について

※当サイトでは著作権を侵害する目的で画像を利用することはしておりません。

ご注意、免責事項

※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております。
・ご購入の際の注文、お支払いは、リンク先のお店と直接していただくことになります。 ・掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用ください。 ・ご利用に際し、万が一お客様が何らかの損害を被った場合でも、   当ブログでは、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。
今、イチオシ!!!
プロフィール
フリー
広告
Lc.ツリーカテゴリー
↓↓↓↓↓
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。