スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『信じてますから』

kuoko.jpg

こういう楽しみ方もある


管理人の、「黒子のバスケ」との出会い方は

アニメ1期→原作全巻→アニメ2期

なのですが









わかりやすい感情順には



アニメ1期「こんなおもしろいもんあるんか」
先が気になる








原作1期までの部分「アニメやな」








それより先の原作全巻「青峰戦が一番おもろい」
ここアニメ楽しみ








アニメ2期「確かにすごいけど、原作」

わかりやすい感情だとこんな順番である。

アニメがいつからか1期、2期にわかれる時代になってから、こういう人多くなったのではないでしょうか?









「黒子のバスケ」という作品に関しては、題材がバスケというスポーツ物
スポーツ物は、動き(アニメーション)がつくことで、良くなる傾向が多い
それも、クオリティが高いと尚更



1期も2期も本当にクオリティが高い




しかし、管理人が現在、作者が描いた原作最新話、アニメ現在まで、みた中で、一番だと思う鳥肌たったシーンは、現在アニメ最新話の部分






その上で「原作」だと感じた






管理人の感情の『原作一番だと思ったシーンなんだからアニメならそれ以上という』期待が
アニメのクオリティを上回っていたのだ












なんか、アニメ全部終わったまとめみたいになってしまいましたがwww

1期で管理人がのめりこんだようにアニメはもちろんおススメ

なぜなら、アニメ自体のクオリティは間違いない
そして、原作では絶対に表現できない部分がアニメにはある
それは、動きがつくのは当然として、音

特にこの作品の1期1クールOP「Can Do」2期1クール「The Other self(アニメ盤)」

映像と合わさり「黒子のバスケ」という作品を完璧に表したあまりにも素晴らしすぎる

管理人の再生リストにも常に入っている

これだけは、原作では絶対に表現できないというか
やりようがないからである

















次回『負けるかよ』

火神ゾーン
ゾーン対決!!!














まあ、ウィンターカップのキセキの世代との対決は全部おもしろいんだけどね







関連記事: 今、勝つんだ
関連記事:アニメと曲がマッチした時した

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト様

他ブログ様の最新更新記事

著作権について

※当サイトでは著作権を侵害する目的で画像を利用することはしておりません。

ご注意、免責事項

※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております。
・ご購入の際の注文、お支払いは、リンク先のお店と直接していただくことになります。 ・掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用ください。 ・ご利用に際し、万が一お客様が何らかの損害を被った場合でも、   当ブログでは、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。
今、イチオシ!!!
プロフィール
フリー
広告
Lc.ツリーカテゴリー
↓↓↓↓↓
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。